ページ内を移動するためのリンクです

大型水素ガスタービンの
実用化へ向けた取り組み

Introduction

水素。
原子番号1。
誰もが最初に覚える元素。
水の惑星 地球において、生物に不可欠な水を構成し、宇宙でもっとも豊富に存在し、もっとも軽く、速く拡散し、そして燃える。

「燃える」は文明の基である。エネルギーを生み出す根源となるからだ。
エネルギーは人々の生活に密接に関わり、国や国際社会の中でも最重要課題である。
同時に、CO2削減方針は国際的に明確に示されている。

それゆえ、エネルギーの世界は今、大きな転換期を迎えている。
再生可能エネルギー等のエネルギーソースの多様化と新時代のベストミックス。
スマートグリッドに代表されるスマート発送電の革命。

水素は燃焼においてCO2を排出しない、クリーンなエネルギーである。
IT化の加速、途上国の経済発展と、今後、更に増加が見込まれる世界の電力需要で水素発電は、そのクリーンさと豊富な存在ゆえ、有力な選択肢である。

激しく燃える水素をコントロールし、最大限に活用する水素発電。
技術開発は国家レベルで開発競争が行われ、多くの課題に技術者達が挑む。
水素発電を軸として、エネルギーの未来をこのサイトでは模索していきたい。

Articles

2018-3-30

開発者インタビュー

量産型FCVが実現し、水素エネルギー社会が夢でなくなりつつある。
今、水素ガスタービン発電も水素100%専焼実現へ向けて、中長期的に現実的なロードマップに従い、進化し続けている。

水素基本計画の中核技術の一つである、水素ガスタービン開発の最前線を、開発者に聞いた。

Coming soon

Coming soon