ページ内を移動するためのリンクです

プレスリリース

J形ガスタービンの累計運転時間 100万時間到達

◆ J形ガスタービンの信頼性は99.5%に達し、世界最高水準を確保
◆ 世界で43基が商用運転中で、総発電容量は25GW以上
◆ 最新鋭の空冷式JAC形の発電効率は世界最高水準の64%以上を実現、CO2排出量削減に貢献

2020年4月23日発行 第313号

 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)が世界の火力発電設備に納入したJ形ガスタービンの累計運転時間がこのほど100万時間を記録しました。信頼性(注1)は世界最高水準の99.5%を確保しており、高信頼性と高効率の両面で新しい記録を達成し続けています。

 J形ガスタービンは、2011年に当社実証発電設備(通称:T地点)にて実証運転を開始以来、日本や米国を中心にその高い信頼性と高効率、低環境負荷が高く評価され、世界中で採用されています。現在43基が商業運転中であり、また、これまでに受注した同形ガスタービンの総発電容量は2,500万kW(25GW)を超えており、当社の主力ガスタービンとして世界の電力安定供給に貢献しています。

 当社独自技術により開発されたJ形ガスタービンは蒸気冷却燃焼器を採用し、当時世界最高水準のタービン入口温度1,600℃を達成、排熱回収ボイラーおよび蒸気タービンを組み合わせたガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電効率62%を実現しました。同ガスタービンを採用したGTCCは従来型石炭火力発電設備と比較して1系列あたり年間約300万トンのCO2排出量削減(東京都の約1.6倍の面積の森林が吸収するCO2の量に相当)に寄与します。

 J形ガスタービンが99.5%の高い信頼性をもって100万時間の累計運転時間に到達したことを受け、当社の河相 健社長兼CEOは、次のように述べています。「J形ガスタービンが高い信頼性と高効率を両立し100万時間の累計運転時間に到達したことを誇りに思います。これは当社の品質重視の考えに基づき、お客様に製品を出荷する前に高砂工場内のJ形ガスタービンを採用したGTCC実証発電設備にて性能および信頼性を長期間にわたり確認、新開発技術の信頼性検証を行っているからです」。

 このJ形ガスタービンをベースに、最新の空気冷却燃焼器システムを採用したJAC(J-Series Air-Cooled)形(注2)はGTCCとしての発電効率が64%に達します。本年7月には当社高砂工場内で実証設備複合サイクル発電所第2号発電設備(通称:第二T地点)の運用を開始する予定(注3)であり、ガスタービンの次世代技術の開発検証をさらに加速していくこととしています。また、CO2排出量のさらなる削減を目指して技術革新を進めており、米国ユタ州の協同組合向けに、再生可能エネルギー由来の水素を利用したJAC形GTCC発電設備を受注(注4)。2025年に30%の水素混焼で運転を開始し、将来的に水素燃料100%での運転を目指すプロジェクトが進行中です。

 MHPSは、今回J形ガスタービンが累計運転100万時間を突破したことをさらなる弾みとして、引き続き高い信頼性で環境にやさしいGTCC発電設備を供給することで、世界の電力安定供給と脱・低炭素社会の実現に向けて貢献していきます。

T地点に輸送中のJ形ガスタービン
T地点に輸送中のJ形ガスタービン
M501JAC形ガスタービンローター
M501JAC形ガスタービンローター

以上