ページ内を移動するためのリンクです

トルクメニスタン化学公社向け天然ガス焚きH-25形ガスタービン・発電機2セットを受注
肥料製造プラントのコージェネ中核機器として

2015年9月17日発行 第69号

写真:H-25 ガスタービン
H-25 ガスタービン

 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、トルクメニスタンの国営化学公社であるトルクメンヒミヤ(Turkmenhimiya)が同国のガラボガス(Garabogaz)市に建設する肥料製造プラント向けに天然ガス焚きH-25形ガスタービンおよび発電機各2基を受注しました。トルクメニスタンからの受注は今回が初めてで、運転開始は2018年6月の予定です。

 この肥料製造プラントは、トルクメニスタン北西部のカスピ海岸に建設中のもので、三菱重工業が三菱商事、トルコの建設会社であるギャップ・インシャート社(GAP Insaat Yatirim ve Dis Ticaret A.S.)と共同で建設を請け負っています。尿素肥料製造施設としては同国最大級となります。当社が納入するガスタービン・発電機セットは、自家用コージェレーション(熱電併給)設備の中核機器として使われます。出力は2セット合計で5万キロワットです。

 トルクメニスタンは近年、順調な経済成長を続けており、その成長を支えているのが世界第4位の埋蔵量を誇る天然ガスです。同国政府は、その高付加価値化や輸出・販売ルートの多様化に取り組んでおり、この肥料製造プラント建設もその一環となるものです。

 H-25形ガスタービンは、信頼性の高いヘビーデューティ型ガスタービン(注)です。1987年の初号機受注以来、国内外で170基超の受注実績を持ち、市場の高い信頼を獲得しています。

 当社は、高効率の大容量発電システムから中小型ガスタービンを活用した産業向け省エネシステムまでの火力発電向けフルレンジの製品群を擁して、この分野のトータルソリューションを提供しています。今後も、大規模電源市場はもちろん、H-25形ガスタービンを代表格とする産業向け省エネシステムにおいても積極的な営業を展開、多種多様なニーズに的確に対応して、各国・地域の経済発展に貢献していきます。

  • 重構造型と呼ばれるタイプで、信頼度が高く、保守頻度が低いのが特徴のガスタービン。

以上