ページ内を移動するためのリンクです

三菱日立パワーシステムズグループの集じん装置新会社発足の契約を締結
新会社の社名と代表者を決定

2015年8月4日発行

三菱日立パワーシステムズ株式会社
三菱重工メカトロシステムズ株式会社
株式会社日立プラントコンストラクション

三菱日立パワーシステムズ株式会社(MHPS)、三菱重工メカトロシステムズ株式会社(MHI-MS)および株式会社日立プラントコンストラクション(HPC)は、MHI-MSとHPCがそれぞれ手掛ける集じん装置事業を統合し、MHPSグループとして新会社「三菱日立パワーシステムズ環境ソリューション株式会社」を発足させることを決定し、このほど、新会社の準備会社がMHI-MS、HPCとそれぞれ契約を締結しました。取締役社長には大西召一(現 MHI-MS 取締役)が就任し、10月1日から営業を開始します。MHPSグループが展開する多様なAQCS(Air Quality Control Systems:大気環境対策システム)事業に集じん装置を加えることで、製品のフルラインアップ化をはかり、AQCS事業を一層強化していきます。

三菱日立パワーシステムズ環境ソリューションは、新会社の準備会社であるMHPSプラント建設株式会社(MHPS100パーセント出資)を吸収分割承継会社として、MHI-MS、HPCの集じん装置事業を承継し、MHPSの100パーセント子会社として発足します。電気集じん装置を中心にバグフィルターそのほかの関連設備の設計・製造・販売・施工・アフターサービス事業を推進するもので、事業規模約150億円の会社としてスタートする計画です。
資本金は4億5,000万円。本社所在地は神奈川県横浜市で、発足時の従業員数は約260名です。

新会社設立は、集じん装置事業の強化拡大に向けた3社の思いが一致したことによるものです。MHPSはAQCS事業として現在、脱硝装置、脱硫装置、ガス・ガスヒーター(GGH)熱回収装置、GGH再加熱器などを手掛けていますが、これに集じん装置を加え、AQCSのフルラインアップ化を実現します。また、MHPSが持つ海外対応力をフル活用することにより、課題となっていた集じん装置の海外展開を一挙に加速していく考えです。
さらに新会社は、MHI-MS、HPC両社が持つ産業分野への強みを活用して、電力会社向け以外の分野でも競争力強化をはかるほか、アフターサービス事業も拡充させていく方針です。

新会社の概要
社名 三菱日立パワーシステムズ環境ソリューション株式会社
本社所在地 神奈川県横浜市
代表者の役職・氏名 大西召一(現 MHI-MS取締役)
事業内容 電気集じん装置およびバグフィルターなどの関連設備の設計・製造・販売・施工・アフターサービス
従業員数 約260名
資本金 4億5,000万円
営業開始日 2015年10月1日

以上