ページ内を移動するためのリンクです

ご挨拶

世界をリードする発電技術で低炭素社会の実現に貢献します。

取締役社長 河相 健

 三菱日立パワーシステムズ株式会社(MHPS)は、2014年2月に三菱重工業株式会社と株式会社日立製作所が両社の火力発電システム事業を統合し誕生した会社です。会社設立以来、高品質で信頼性の高い製品を生み出す技術力、世界のさまざまな地域でプロジェクトをまとめ上げる総合エンジニアリング力、きめ細かな営業・サービス力を強化するとともに、グローバルな事業展開を進めてきました。

 世界的な脱炭素化の流れ、デジタル技術の急速な進展、エネルギー・ミックスの大転換。 今、市場を取り巻く環境とお客様のニーズは、ダイナミックに変化しています。

 MHPSは、最先端のクリーン発電技術によりエネルギーの低炭素化を促進し、環境保全に貢献します。また、多様な燃料への対応と急激な負荷変動に対応する出力調整機能、AIやIoTを活用した運転・保守の最適化により、経済性に優れ、安定した電気を供給します。

 私たちは、エネルギー分野におけるグローバルリーディングカンパニーとして、低炭素・脱炭素社会の実現に貢献していきます。