ページ内を移動するためのリンクです

EPC事業

火力発電開始までを一手に担うEPC事業

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、機器の設計・調達から発電所建設までを一貫して担う「火力発電EPC 事業」を展開し、世界各国の発電インフラを支えています。

設計、調達、建設を一貫して手がけるEPC

主要機器(ボイラー、タービン、発電機)や配管、制御システムなどの配置や全体計画を決める基本設計を実施後、構成機器や建屋などの具体的な仕様を決定する詳細設計を実施します。

機器、素材、部品、装置などを世界中のパートナー企業から調達。安全に、できるだけコストを抑えながら必要な機器を納期どおりに届けます。

建設現場の基礎工事、建設、機器の据付から、試運転、オペレーター指導までを行い、現地ですぐに使える状態にして引き渡す。高度なマネジメント力で、安全かつ効率的にプロジェクトを遂行します。

スムーズな運営のカギを握る、きめ細かなマネジメント

巨大プロジェクトを着実にゴールへ

多数の人員を動員し、長期間にわたりプロジェクトを進めていくEPC事業。お客様の要望に応えながら、社内外を取りまとめ、火力発電プラント全体の設計から主要機器の製造、建設工事、試運転に至るすべてを手がけています。

豊富な実績に基づくプロジェクトマネジメント力

EPC事業においては、刻々と変化するプロジェクトを取りまく状況に適切に対応する、きめ細かなマネジメントが求められます。当社は、数々のEPC事業を実施してきた経験に基づく高度なプロジェクトマネジメントによって、着実にプロジェクトを遂行しています。プロジェクトマネージャーを中心に、お客さまの要望や複数のパートナー企業を一手に取りまとめ、起こりうるリスクを回避し、コストやスケジュールをコントロールしています。

さらに、ICTを活用した情報の一元化により、プロジェクトのさらなる効率化を推進しています。