ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME技術情報三菱日立パワーシステムズICTソリューション

三菱日立パワーシステムズICTソリューション

プラント機器に関する高度な知見(Human Insight)とビッグデータ解析により発電所の性能を最適化

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)のICTソリューション(以下、MHPS ICTソリューション)は、「プラントの声」(“Voice of the Plant”)に耳を傾けます。プラントの様々な機器をリアルタイムに制御し、発電所の運用に関する実用的な改善策をお客様に提供します。

昨今、「デジタルパワープラント」の議論が盛んに行われていますが、MHPS ICTソリューションは、すでに多くの実際のプラントに適用され、機器の性能改善や計画外停止の回避、予兆に基づく最適なメンテナンスの実施など、発電所の運用改善を支援しています。

お客様の収益拡大に貢献

MHPSのICTテクノロジーは、プラントの性能を最大化するため、クラス最高峰のソフトウェアをお客様のニーズに合わせて活用し、運転に関する大量のデータを迅速かつ安全に収集して解析します。MHPSがこれまでに培ったプラント機器に関する広範かつ高度な知見とビッグデータを融合させることにより、発電所の性能改善と運用の最適化を実現し、お客様の収益拡大に貢献します。

デジタルパワープラントのリーダー

三菱日立パワーシステムズは、火力発電と環境技術において国内外で多くの実績を有し、遠隔監視や診断サービスにも先駆けて取り組んできました。MHPS ICTソリューションは、これからも先進的な技術力でお客様の発電所の信頼性、性能、運用の柔軟性を向上させていきます。

MHPSの強み

MHPSは発電所全体のエンジニアリング・建設の実績とともに、多様な技術領域(コンバインドサイクル発電、石炭火力、再生可能エネルギー、地熱、石炭ガス化複合発電)における専門技術を有することから、発電事業者が直面する様々な状況を考慮したICTソリューションを提供することができます。

エネルギー市場の変革により、発電事業者は新たな規制や激化する競争への対応を迫られています。MHPS ICTソリューションは、柔軟な運転、性能の最適化、予兆に基づくメンテナンスの提供により、発電所のライフサイクルにおける顧客価値を創出します。MHPSは、高度なデータ収集技術とこれまで培ってきたプラント知見を融合して、お客様の投資対効果を最大化するとともに、火力発電、環境技術で地球環境の保全に貢献していきます。

Get Adobe Reader AdobeReaderのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る