ページ内を移動するためのリンクです

研究開発体制

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、自社の研究所を有し、基盤研究から製品システム全体の応用研究まで、幅広い研究開発を行っています。耐熱、耐食材料の開発や、解析・計測技術を駆使した空力・燃焼・冷却技術の研究を通じて、火力発電システム製品の性能と信頼性の向上に貢献しています。
また、三菱重工業の総合研究所との連携により、高度な技術開発を実現しています。

研究所の体制・拠点

体制

  • 空力研究グループ
  • 構造強度研究グループ
  • 燃焼研究グループ
  • 材料研究グループ

拠点

研究所の主要設備

空力実験設備

低NOx燃焼実験設備

実機コイル絶縁評価設備

実証タービン試験装置

三菱重工業の総合研究所との連携

当社は、三菱重工業の総合研究所と連携し、高度な技術開発を実現しています。

ガスタービン関連

大型低速回転翼列試験装置

ボイラー関連

大型燃焼試験計測室