ページ内を移動するためのリンクです

環境装置無排水処理システム

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)が開発した無排水処理システム(Waste-water Spray Dryer;WSD)では、エアヒーター上流で抜き出した高温の排ガスを利用し、WSDで排水を噴霧固化することで、吸収塔から排出される汚水をゼロにすることを可能にしました。

システムフロー

特長

CFD result of WSD
  1. 吸収塔から出る汚水の排出をなくすことが可能です。
  2. 低コストかつ排水処理設備の縮小が可能です。
  3. ボイラから出た排ガスを使用することで、運転費を抑えることが可能です。
  4. ガスをバイパスさせているため、運転・メンテナンスが容易です。
  5. 生成物は電気集じん装置により回収し、補集灰と合わせて処理が可能です。

環境装置に関するお問い合わせ