ページ内を移動するためのリンクです

制御システム

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は発電プラントにおいて、数十年間におよぶ機械設備のライフサイクルを通して、高信頼性と高稼働率を維持しつつ、さらに保守サポートや安全要求に応えられる制御システムを開発・提供してきました。
また、IoT時代を迎え、膨大なプロセス情報、ローカル機器情報を、制御システムがキー・デバイスとなって、上位システムと連携し、最適運用をはかるため、オープン性と高いセキュリティの両立を実現することが求められています。

DIASYSシリーズ

発電プラントで培った30年以上のノウハウと制御システム技術の結晶

システムとしての高い信頼性と稼働率を満足しつつ、プラントメーカーが持つ豊富なノウハウ、制御技術を搭載し、オペレーター、プラントエンジニア、メンテナンスエンジニアの誰にとっても扱いやすい分散型制御システム(DCS :Distributed Control System)、それが“DIASYS(Digital Intelligent Automation SYStem)”です。

HIACSシリーズ

豊富な実績と制御技術力を結集した発電総合監視制御ソリューション

HIACSシリーズとして40年以上の実績を重ねて進化したG-HIACSは、『高信頼性』『容易な操作性』『優れた拡張性』の特徴を活かし、発電プラントの運用で求められる最適ソリューションを提供します。

制御システムに関するお問い合わせ