ページ内を移動するためのリンクです

制御システムプラント制御監視システム

概要

DIASYS Netmation / DIASYS Netmation4Sは、小規模なプラントから火力発電所のような大規模なプラントまで、お客様の要望に沿った自由な構成が可能なシステムです。
プラントメーカーだからこそ、信頼性を追求したシステムでお客様の利益に貢献します。
また、プラント運転を支援する豊富なオプション製品もご用意しています。

特長

システム冗長化による高信頼性

CPU、電源、ネットワークの冗長化により、システムの信頼性を確保しています。
万が一CPUが異常となっても、プラントの制御に支障を来さず他系へと切り替わります。

オンライン保守による稼働率の維持

稼働中の制御装置を停止することなく、制御ロジックや、各種パラメータ値変更が可能です。変更部分以外の制御機能に影響を与えず、お客様設備の稼働率を維持します。

ストレスフリーな操作性

オペレータステーション(OPS)は自身でデータを保持せず、マルチプルプロセスステーション(MPS)に蓄えられたデータを参照しています。これによりOPSの処理が早く済み、系統図やロジックからの画面遷移にストレスを感じさせません。

既存施設を利用した遠隔監視を実現する低負荷通信

DIASYS Netmation / DIASYS Netmation4Sでは、MHIカード通信という低負荷通信プロトコルにより、OPSとMPS間の1台当たりの通信容量を32kbps以下まで抑えることが可能です。

MHIカード通信により、マイクロ波やPHSなどの既存インフラを利用した遠隔監視を構築することができ、通信インフラの設置コストを削減できます。

システム構成

プラント制御監視システム構成図

基本構成

制御システムに関するお問い合わせ