ページ内を移動するためのリンクです

制御システムエネルギー管理システム

概要

DIASYS Netmationが提供するエネルギー管理システムは、お客様の工場内で使用される各種設備・ユーティリティを統合監視し、工場全体のエネルギー使用状況を"見える化"することで、効率的なエネルギー運用に向けたお客様の分析作業・運用改善をサポートします。

ラインアップ豊富な"見える化"ツールにより、さまざまな側面からの分析、状況把握を可能とします。

特長

エネルギー見える化機能による省エネ化

機器のエネルギー使用量や稼動状況をリアルタイムで監視することで、エネルギー使用量の適切な管理を実施し、工場や設備の省エネ運用を実現します。

遠隔監視機能との連携

遠隔監視機能とエネルギー見える化機能の連携により、遠隔地からエネルギー使用量の最適管理ができます。

他社製システムとの連携

他社製システムと容易に連携ができるため、特別な費用が掛かることなくシステムの共存が可能です。

システム構成

エネルギー管理システム構成図

基本構成

機能紹介

監視操作機能

一括監視

複数の他社製PLC(Programmable Logic Controller)が制御する現場の製造機器を一括して監視します。

各PLCから取り込んだ信号を基に、生産計画の設定や、経営情報への反映など、工場運営を総合的に管理します。

電力デマンド監視

使用電力の契約電力超過を防止するため、一定周期で使用電力を監視し、使用電力が契約電力を超過すると予測される場合にアラーム出力します。

また、デマンド制御(ピークカット制御)機能に警報レベルを通知し、デマンド監視から通知される調整電力量より遮断レベルを求め、あらかじめ登録されている機器の制御を行います。

アラーム表示

機器の異常が発生した際、監視画面上にリアルタイムでアラームを表示し、異常の早期発見を手助けします。また、機器ごとのアラーム発生・復帰履歴を表示が可能です。

警報の名称や発生・復帰時刻を監視画面上に横並びで時系列に一覧表示させる、「警報自動メッセージ機能」や、警報の発生・復帰を項目ごとに時系列で表示する「異常警報一覧画面」も有しており、異常原因の分析につながります。

アラーム通知

インターネットやPHS回線を使用したアラーム通知機能により、オペレータが現場から離れていても、素早い設備異常への対応を可能にします。

トレンド表示

製品の製造状況や設備の運転状況、異常信号をトレンドで管理します。

ロット開始から完了までのトレンドを表示する、「ロット単位トレンド機能」も有しています。

経営支援機能

帳票機能

日報・週報・月報・年報と、お客様ごとに最適な形式での帳票管理を行います。

帳票用データとして、スナップショットCSVやトレンドCSVを使用することで、ロット開始からロット完了までの製造データ、稼動データをロット帳票に纏めることができます。

また、イベントCSVをもとに、月単位で発生した警報項目の一覧表ファイルを作成することもできます。

生産計画管理

日・週間・月といった単位で、製品種や数量、ならびに勤務形態等を設定することで、計画的な工場運営を行います。

エネルギー原単位管理

他社製PLCから取り込んだ信号をロジックで演算することにより、エネルギー原単位をグラフィック、トレンド上で管理します。

保全記録表示

エンジニアリングツールのメンテナンス画面にて入力した各機器の機器情報やメンテナンス内容、運転時間を機器ごとに表示します。また、機器ごとに定められた保全サイクル時間を超過した場合には、警報を発生させることもできます。

ウィークリータイマ設定

各現場製造機器の始動時間をそれぞれに設定することで、設備稼働の無駄をなくします。

オプション機能紹介

エネルギー見える化機能

原単位計算やエネルギー使用量、CO2換算、ガントチャートによる設備稼働状況の比較など、豊富な監視・分析機能により、工場の効率的な運用と省エネルギー化を実現します。

遠隔監視機能

インターネットを用いた遠隔監視機能により、工場内の別の建物で生産状況の確認が可能です。

また、遠隔監視を考慮した通信プロトコルを開発しており、アナログ電話回線でも、現場のオペレータステーション(OPS)と同等の速さで画面表示が可能です。

制御システムに関するお問い合わせ