ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME製品情報火力発電油焚プラント

ページの本文です。

油焚プラント

油焚きプラント

長年に渡り原油、重油、オリマルジョン®、VRなど多種多様な油焚プラントを建設してまいりました。技術開発、実機検証を通じて確立した世界トップレベルの技術によって、高効率で環境にやさしいプラントを今後も提供しつづけていきます。
右の写真は、タイ発電公社(Electricity Generating Authority of Thailand :以下EGAT)向けラブリ発電所(Ratchaburi Thermal Power Plant)第1&2号機です。東南アジア初の超臨界圧変圧貫流ユニットとして、2000 年6月以来順調な商用運転が行われています。建設においては、主機、プラント機器及び基礎や建屋の土建工事等、発電所の大部分の機器について設計から据付、試運転、性能試験に至る広い範囲を担当し、総合力を発揮しました。
このような土建据付工事を含むフルターンキー工事を多数手掛けており、さまざまなニーズに応じたプラント建設を遂行できる総合プラントメーカーです。

プラント名称 タイ ラブリ発電所 1&2号機
営業運転開始 1号機:2000年6月
2号機:2000年10月
燃料 油,ガス
定格出力 735 MW x 2
主蒸気圧力 24.22 MPa abs.
主蒸気温度 538℃
再熱蒸気温度 566℃
ボイラ 型式 超臨界圧変圧運転貫流ボイラ放射再熱形
最大連続蒸発量 2,530 t/h
タービン 型式 一軸形4流排気式再熱再生復水形
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る