ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME製品情報火力発電GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル発電)

ページの本文です。

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル発電)

図

コンバインドプラントは高い排ガスエネルギーを有する高効率ガスタービンと排ガスボイラ、蒸気タービンを組み合わせたプラントであり、高いプラント効率を達成することが可能です。
従来火力プラントと比較して、相対値で約20%高いプラント効率を達成することができます。

右記のシステムを実際に利用した高効率コンバインドサイクルプラントの例を以下に紹介します。

プラント名称 東北電力(株)殿 仙台火力発電所4号機
プラント形式 一軸再熱式コンバインドプラント
プラント性能 出力 44.6万kW
効率(LHV基準) 約58%
ガスタービン形式 M701F
蒸気タービン形式 TC2F-40.5
排ガスボイラ形式 三重圧自然循環形(再熱式)

関連技術情報

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る