ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME製品情報火力発電排煙装置排煙脱硫装置

ページの本文です。

排煙脱硫装置

地球環境問題に対する取り組みの中で、二酸化硫黄(SO2)低減対策として湿式石灰石膏法による燃焼排ガスからの脱硫技術を開発し、1972年より火力発電設備からの排ガスを処理するプロセスとして実用化してきました。

現在までに200基を超える納入実績をもつリーディングカンパニーとして、現在では独自技術による高性能脱硫装置(液柱式吸収塔(DCFS:Double Contact Flow Scrubber))を中心に供給しています。

火力発電設備の環境対策に対して、総合排煙処理システムの全ての機器(脱硝設備、電気集塵装置、脱硫装置、排煙脱炭装置)を供給できる世界でも類を見ないメーカーです。

総合排煙処理システム

総合排煙処理システムでは、ボイラから出た排ガスが脱硝装置、電気集塵装置、脱硫装置にて、それぞれNOx、ばいじん、SO2を除去し、煙突からの排ガスをクリーンにします。

総合排煙処理システム
総合排煙処理システム

担当窓口:経営総括部 人事総務部 業務グループ

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る