ページ内を移動するためのリンクです

燃料多様化技術

毎時4トンという実物大ボイラに近いスケールでのバーナー燃焼試験による高度な燃焼計測と数値流体力学(CFD:computational fluid dynamics)シミュレーションを組み合わせることにより、早期の開発と実用化を可能とします。石炭、石油コークス、チップやペレットなどのバイオマスといった固形燃料と天然ガスや高炉ガス(BFG:Blast Furnace Gas)などの副生ガスといった気体燃料、原重油や溶剤脱れき残渣(SDA:Solvent De-Asphalting)ピッチといった液体燃料などの多様な燃料に対応しています。

褐炭
瀝青炭
無煙炭
石油コークス
BFG
SDAピッチ
木質チップ
木質ペレット

ボイラーに関するお問い合わせ