ページ内を移動するためのリンクです

ボイラー貫流ボイラー

概要

貫流ボイラーは循環ボイラーと比較して高い圧力と温度の蒸気を発生させることが可能です。

火力発電プラントにおいては、蒸気条件(圧力と温度)を上げることにより、発電設備の効率向上が可能となり、燃料の削減、CO2発生量低減をはかることができます。三菱日立パワーシステムズ(MHPS)においては1968年に初の超臨界圧貫流ボイラーを、また、1981年に初の超臨界圧変圧貫流ボイラーを納入。さらに蒸気条件の向上をはかり、1993年には初の超々臨界圧変圧貫流ボイラーを納入しました。

超臨界圧および超々臨界圧条件のいずれにおいても多数の納入実績があり、信頼性の高いボイラーを提供します。

仕様

2パスボイラー

出力 ~105万kW
主蒸気流量 ~3,080ton/hr
蒸気温度 ~600/610℃
蒸気圧力 ~25MPa

タワーボイラー

出力 ~110万kW
主蒸気流量 ~2,939ton/hr
蒸気温度 ~600/620℃
蒸気圧力 ~30.5MPa

納入実績

納入先
東京電力フュエル&パワー株式会社
プラント
常陸那珂火力発電所1、2号機(日本)
納入範囲
ボイラー・タービン・発電機(ETK)
出力
100万kW×2
最大連続蒸発量
2,870t/h
蒸気条件
(加熱器出口)
蒸気温度
600℃
再熱蒸気温度
600℃
蒸気圧力
24.6MPaA
燃料
瀝青炭/亜瀝青炭
運転開始
2003年/2013年
納入先
東京電力フュエル&パワー株式会社
プラント
広野火力発電所5、6号機(日本)
納入範囲
ボイラー・タービン・発電機(ELT)
出力
60万kW×2
最大連続蒸発量
1,770t/h
蒸気条件
(加熱器出口)
蒸気温度
600℃
再熱蒸気温度
600℃
蒸気圧力
24.6MPaA
燃料
瀝青炭/亜瀝青炭
運転開始
2003年/2013年
納入先
RWE
プラント
ノイラート発電所(ドイツ)
納入範囲
ボイラー
出力
110万kW
最大連続蒸発量
2,870t/h
蒸気条件
(加熱器出口)
蒸気温度
600℃
再熱蒸気温度
605℃
蒸気圧力
27.2MPaA
燃料
ドイツ褐炭
運転開始
2012年
納入先
パイトンエナジー
プラント
パイトンⅢ発電所
納入範囲
フルターンキー
出力
86万6千kW
最大連続蒸発量
2,695t/h
蒸気条件
(加熱器出口)
蒸気温度
538℃
再熱蒸気温度
566℃
蒸気圧力
24.5MPaA
燃料
亜瀝青痰
運転開始
2012年

ボイラーに関するお問い合わせ