ページ内を移動するためのリンクです

ボイラー循環ボイラー

概要

水の循環は降水管中の水の密度と火炉水壁中の水・蒸気混合流体の密度差によって生じます。この密度差の大きい低圧ボイラーでは循環力が大きく高い循環量が確保できますが、高圧になるにしたがって両者の密度差が減少して充分な循環量を確保することが難しくなるため降水管にポンプを設置し循環力を補っています。密度差のみで水を循環させるタイプを自然循環ボイラー、ポンプを設置しているタイプを強制循環ボイラーと呼んでいます。

自然循環ボイラー流体経路図(概略)
強制循環ボイラー流体経路図(概略)

納入実績

強制循環ボイラー

納入先
BLCP
プラント
BLCP発電所(タイ)
出力
717,000kW
最大連続蒸発量
2,285t/h
蒸気条件
(過熱器出口)
蒸気温度
538℃
再熱蒸気温度
538℃
蒸気圧力
16.7MPaA
燃料
瀝青炭
運転開始
2006年

自然循環ボイラー

納入先
カイロ発電会社
プラント
カイロウエスト発電所7、8号機(エジプト)
出力
350,000kW
最大連続蒸発量
1,094t/h
蒸気条件
蒸気温度
(過熱器出口)
541℃
蒸気温度
(再熱器出口)
541℃
蒸気圧力
18.1MPaA
燃料
天然ガス、重油
運転開始
2011年

ボイラーに関するお問い合わせ