ページ内を移動するためのリンクです

インドネシア向けに超々臨界圧ボイラー2基および電気集じん機4基を受注
タンジュン・ジャティB石炭火力発電所5・6号機の中核機器として

2017年3月31日発行 第152号

 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、インドネシアのタンジュン・ジャティB(Tanjung Jati B)石炭火力発電所5・6号機向けに、超々臨界圧ボイラー2基および電気集じん機4基を受注しました。超々臨界圧石炭焚き発電設備の中核機器となるもので、出力はいずれも100万キロワットで、2021年の運転開始を予定しています。

 今回のプロジェクトは、住友商事株式会社、関西電力株式会社、およびインドネシア最大のコングロマリットであるアストラ・グループ(PT. Astra International, Tbk.)の傘下企業であるユナイテッド・トラクターズ(PT. United Tractors, Tbk.)が出資するIPP(独立発電事業)案件です。この発電所はインドネシアのジャワ島中部に位置し、運転開始後は長期売電契約に基づき、同国の国営電力会社であるPT. PLN(Persero)に電力を供給し、既設発電施設1~4号機とともに、同国の旺盛な電力需要に応えていくこととなります。

 当社は2011年および2012年に完工したタンジュン・ジャティB発電所3・4号機向けにもボイラー設備を納めており、今回の受注によって合計4基のボイラー設備を納入することになり、タンジュン・ジャティB発電所の安定的な運転に一層寄与していきます。

 インドネシアでは急速な経済発展に伴い、電力需要が急増しています。そのため、政府は3,500万キロワット規模の発電容量を増強する計画を進めており、今回の大型プロジェクトはその計画達成に向けた有力案件の一つと位置づけられています。

 MHPSは、石炭火力発電分野で、高い発電効率によってCO2排出量も抑制する設備の豊富な納入実績を有しています。今後も、インドネシアをはじめとする広範な国・地域で積極的な営業を展開し、電力の安定供給と環境負荷の低減に貢献していきます。

以上