ページ内を移動するためのリンクです

ABOUT

事業について

火力発電事業で培った世界最高レベルの技術力

事業の全体像(画像をクリックすると拡大します)

三菱日立パワーシステムズは、世界最高レベルの火力発電技術を有し、大型火力プラントおよび主機の開発、設計、建設工事、試運転からアフターサービスに至るまで、すべての工程を自社技術で行なうことができる国内唯一の企業として、世界の火力プラント市場において大きな役割を担っています。
また、高度な技術と信頼性が要求される火力プラント事業で培った最先端の技術力を活用し、省エネルギー、石油代替・新エネルギー、環境保全など、世界中でニーズが高まり続けているテーマにも積極的に取り組んでいます。

主要製品・サービス

ガスタービンコンバインドサイクル発電プラント(GTCC)

ガスタービンコンバインドサイクル発電プラント(GTCC)

GTCC発電とは、他の化石燃料に比べて環境負荷が少ない天然ガスを主燃料とし、ガスタービンでの発電に加え、そこで生じた高温の排ガスの熱回収によって蒸気を発生させ、蒸気タービンでも再度発電を行う高効率な複合発電システムです。
汽力発電よりも熱効率が高く、大気中に出す二酸化炭素、窒素酸化物などの環境負荷の低減に貢献することから世界で主流となりつつある発電方式です。
シェールガス革命による北米市場の拡大だけでなく、海底油田の開発で注目を浴びるブラジルなどの中南米地域、経済成長が著しいアジア地域など全世界に活躍の場が広がります。

石炭ガス化複合発電プラント(IGCC)

石炭ガス化複合発電プラント(IGCC)

IGCCとは、埋蔵量が豊富な石炭をガス化したものを燃料とし、ガスタービンと蒸気タービンの双方を利用する複合発電方式です。
環境規制の厳しい先進国を中心に、高い環境性能を有するとともに、世界最高の高効率発電によりCO2排出量を大幅に低減できる、次世代火力発電システムの主流として注目されています。
MHPSでは、1980年代からこの技術の研究、開発を推進。数々の独自技術を積み重ねることで、日本初のIGCC商用プラントとして稼働させました。世界をリードする技術がここにあります。

ボイラ・タービン発電プラント

ボイラ・タービン発電プラント

ボイラ・タービン発電は長い歴史の中で培われた技術とその高い信頼性により、世界的にも主力電源として位置づけられ、石炭をはじめ様々な燃料を活用し、お客様のニーズに応えることが可能です。
今後も地球環境問題への対応からも、高効率化や燃料多様化等の技術革新を行い、電力需要の旺盛な新興国を中心に更なるフィールドの拡大が期待されています。

ガスタービン、蒸気タービン(火力・原子力発電用)、ボイラ、発電機

ガスタービン、蒸気タービン(火力・原子力発電用)、ボイラ、発電機

発電事業に欠かすことのできないガスタービンや蒸気タービン、ボイラ、発電機などの製品単体の製造も手掛けています。当社の製品は燃料の違いや規模の違いによって生じるさまざまなニーズに応えられる豊富なラインナップを備えており、1600℃級のガスタービンや超々臨界圧条件下で使用できる蒸気タービンなど、高い発電効率や信頼度を誇る当社製品が世界中のプラントに多数納入されています。

環境(脱硝、脱硫)プラント

環境(脱硝、脱硫)プラント

世界的な環境意識の高まりに伴い、環境装置は発電所に必須の設備となっており、世界最高の浄化レベルを達成している日本の環境技術は世界各国から注目を集めています。
当社は、日本での排煙処理技術のパイオニアとして、40年以上前から脱硫・脱硝装置の開発・納入を行っています。現在でも高い技術力でトータル排煙処理システムを一括して提供できる数少ない企業であり、国内外でトップクラスのシェアを誇っています。

地熱発電プラント

地熱発電プラント

クリーンエネルギーとして注目を集めている地熱発電プラントにおいて、当社は世界で初めて二相流体輸送(※1)とダブルフラッシュ方式(※2)を開発しました。この方式は現在、地熱発電の世界的な標準となっており、まさに当社がグローバルマーケットを先導している証といえます。また地熱資源が低温の場合でも効率的に発電ができるバイナリー方式も提供し、幅広いラインナップを揃えています。

※1 二相流体輸送: 蒸気と熱水を1本の管を用いて発電所へ送ること
※2 ダブルフラッシュ方式: 気水分離器で分離した熱水をフラッシャーで蒸気に変え、その蒸気を利用する方式

発電プラント周辺機器(DIASYS Netmation)

発電プラント制御監視システム(DIASYS Netmation)

発電所のタービン、ガスタービン・ボイラ等の制御、プラント全体の制御監視を行う制御システムを、自社にて開発、設計、製作をしています。
また、その技術を応用した統合制御システムは、発電プラントだけではなく、船舶、工場やビルの設備管理、プロセス制御、ロケット打ち上げの地上設備など幅広い分野に採用されています。このように、機械系メーカであるにもかかわらず、自前でコンピュータ・通信・制御技術の塊である制御システムを製作できることは当社の大きな強みです。