ページ内を移動するためのリンクです

プレスリリース

バングラデシュの首都ダッカに支店を開設
火力発電システム関連のサービス体制拡充、受注拡大へ情報収集・発信を強化

◆ 自立拠点を確保し、社会基盤計画の掘り起こしを促進
◆ 持続可能な経済成長・産業発展に貢献へ

2019年3月5日発行 第258号

 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、バングラデシュの首都ダッカに支店を開設しました。高い成長率で経済発展の途上にある同国において、火力発電システム関連のサービス体制拡充ならびに受注拡大をはかるのが狙いです。政府や民間による火力発電設備やそれらを中心とする各種社会基盤の整備計画に関する情報収集能力や顧客への情報発信機能を強化していきます。

 この支店は、当社100%出資によるシンガポール法人を通じて、営業機能も備えた「バングラデシュ支店」としてダッカ市街に開設したものです。現地では4日、開設を記念して開所式典が開催され、バングラデシュ側からは電力・エネルギー・鉱物資源省のナスルル・ハミド(Nasrul Hamid)大臣など政府関係者、現地日本側からは在バングラデシュ日本国大使館の泉 裕泰特命全権大使をはじめ来賓が多数臨席。当社側からはシンガポール法人の河相 健(かわい・けん)会長らが出席しました。

 河相会長は、次のように述べています。「バングラデシュと当社は長年にわたって良好な関係を築いてきました。今回の支店開設により、サービス体制の拡充ならびに新規案件への対応力強化を通じ、当社がバングラデシュの発展にさらに貢献できることを大変嬉しく思います。当社の主力製品であるガスタービンは世界中で受注活動を優位に進めており、最新の市場調査レポート(注)によれば、出力10万kW以上のガスタービン年間受注実績で世界シェア1位を獲得することができました。今後も世界最高レベルの効率と信頼性を誇る当社の火力発電技術により、人々のニーズに合致したエネルギーソリューションを提供していきます」。

 バングラデシュは、年率平均6%の堅調な経済成長軌道に乗り、約1億6,000万人という人口規模、若く豊富な労働力を背景に、産業振興による持続可能な経済成長を実現することで中所得国化を目指しています。このため、交通や電力をはじめとするエネルギーなどの社会基盤整備が急がれており、政府は現在約1,700万kWの発電設備容量を2021年までに2,400万kW、2030年までに4,000万kWにする方針です。同国は発電燃料のLNG(液化天然ガス)の輸入も開始。政府および民間による大型火力発電所の建設プロジェクトが増えています。

 当社は、1960年にバングラデシュ向け初めての蒸気タービンを納入以来、同国の発展に寄与してきました。1987年には同国向けでは初めてとなるガスタービンを、オールド・ハリプール(Old Haripur)発電所に納入。以来、累計9基のガスタービンを受注しています。このうち5基をM701F形ガスタービンが占めており、同出力帯のガスタービンでは、同国でトップシェアを誇っています。また、長期保守契約(LTSA:Long Term Service Agreement)を中心としたアフターサービスも広く展開しており、同国の経済発展に貢献してきました。

 MHPSは、今回開設したバングラデシュ支店を通じて同国の旺盛な発電需要にきめ細かく対応し、高効率で環境に優しい火力発電システムを提供することで、同国の経済成長・産業発展に不可欠な電力の安定供給に貢献していきます。

MHPS-AP 河相会長によるスピーチ
MHPS-AP 河相会長によるスピーチ
テープカットの様子
テープカットの様子
バングラデシュ支店が入るビル
バングラデシュ支店が入るビル
  • 世界の発電事業に関する詳細な市場調査資料を提供している米国のマッコイ・パワー・レポート(McCoy Power Report)2018年実績に基づいています。

以上