ページ内を移動するためのリンクです

呉工場

エネルギーと環境で社会に貢献、世界にはばたく呉工場

呉工場は、1959年(昭和34年)にボイラー製造の工場として設立。
現在は、火力発電用ボイラー、排煙脱硫装置、脱硝装置などエネルギーと環境保全に関連する製品とサービスを、日本国内をはじめ世界各国に提供しています。また、石炭ガス化複合発電、低品位炭燃焼技術、CO2回収などの新技術開発にも積極的に取り組んでいます。

工場面積
246,451m2(敷地)
81,050m2(建物)
国際認証
ISO 9001 品質マネジメントシステム
ISO 14001 環境マネジメントシステム

主要製品

ボイラー

ボイラー(3,000トン/h 石炭焚貫流ボイラー 105万kW)

脱硝装置

脱硝装置 板状触媒

脱硫装置

脱硫装置(石炭焚ボイラー(105万kW)用 湿式石灰石- 石膏法脱硫装置)

その他

石炭ガス化複合発電 ガス化炉

主要生産設備

高周波パイプベンダー
圧力容器水圧試験用ピット

沿革

1959年 (株)日立製作所呉分工場設立。
1961年 (株)日立製作所呉工場設立。
1964年 (株)日立製作所呉工場が日立ボイラ(株)として分離独立。
1965年 日立ボイラ(株)とバブコック日立(株)が合併し、バブコック日立(株)となる。
(日立製作所85%、 英国B&W15%)
1987年 (株)日立製作所出資100%となる。
安芸津工場設立。
1989年 フィリピン工場(現:MHPS (Philippines) Inc.)設立。
1999年 呉工場から呉事業所に改称。
2011年 中国触媒工場(現:菱日(杭州)環保設備有限公司)設立。
2014年 三菱重工業(株)と(株)日立製作所の火力発電システム事業を統合し、
三菱日立パワーシステムズ(株)を設立。
三菱日立パワーシステムズ(株)とバブコック日立(株)が合併し、
三菱日立パワーシステムズ(株)呉工場となる。

所在地

呉地区(第一工場)

住所 〒737-8508
広島県呉市宝町6-9
TEL 0823-21-1161
アクセス
電車
JR呉線 呉駅下車 徒歩約4分

呉地区(第二工場)

住所 〒737-0027
広島県呉市昭和町10-1
TEL 0823-21-7236
アクセス
電車・タクシー
JR呉線 呉駅下車 タクシー約10分

安芸津地区

住所 〒739-2403
広島県東広島市安芸津町風早3300
TEL 0846-45-4225
アクセス
電車・タクシー
JR呉線 安芸津駅下車 タクシー約4分
JR東広島駅(山陽新幹線)下車 タクシー約20分
広島空港からタクシー約40分