ページ内を移動するためのリンクです

研究所

明日のエネルギーをテーマに人類の未来に貢献します

当研究所では、火力発電事業用のボイラー、蒸気/ガスタービン、発電機の研究開発に取り組んでいます。火力発電では、環境負荷の高い物質の排出を抑制することが求められています。また、世界各国のエネルギー事情に対応できる、低コスト・高効率な製品を生み出さなくてはなりません。この使命に応えるため、当研究所では燃焼技術、高精度解析技術、材料開発技術などの基盤技術、低コスト・高効率を実現する新しい発電システムを開発しています。私たちは、火力発電の進化をリードするグローバルNo.1の技術者集団となり、人類の持続可能な発展を支えてまいります。

研究開発

ガスタービン

主要要素である圧縮機、燃焼器、タービンおよび材料に関して、数値解析、要素・実証試験等により多角的な研究と先進技術の開発を行っています。

蒸気タービン

蒸気タービンの性能と信頼性を高めるため、翼開発、実証試験、耐熱材料、構造、流体解析・計測技術の研究開発を推進しています。

ボイラー

多様化する燃料を効率的にかつクリーンに燃焼するボイラーを開発するため、ボイラー内で生じる反応・流動・伝熱に関する研究を行っています。

発電機

発電機の信頼性を高め、さらなる高効率化を実現するため、電磁振動解析技術や実機サイズでの絶縁試験技術を用いた研究開発を行っています。

主要設備

空力実験設備(勝田地区)
低NOx燃焼実験設備(勝田地区)
実機コイル絶縁評価設備(日立地区)
実証タービン試験装置(日立地区)

沿革

1910年 久原鉱業株式会社 日立鉱山の付属事業として創業。
1912年 久原鉱業株式会社 日立製作所と改称、製品の販売を始める。
1918年 試験課内に「研究係」を発足。
1934年 日立研究所を設立。
1966年 機械研究所を設立。
1971年 原子力研究所を設立。
1978年 原子力研究所をエネルギー研究所に改編。
1981年 日立研究所に石炭技術研究センターCOTEC; Coal Technology Center を設立。
1993年 機械研究所にガスタービン研究開発センターGTR;
Gas Turbine Research and Development Centerを設立。
1999年 原子力、火力分野の研究を統合し、電力・電機開発研究所を設立。
2008年 電力・電機開発研究所をエネルギー・環境システム研究所に名称変更。
2011年 エネルギー・環境システム研究所と機械研究所を、日立研究所に統合。
2014年 三菱重工業(株)と(株)日立製作所の火力発電システム事業を統合し、
三菱日立パワーシステムズ(株)を設立。
日立研究所 ターボ機械研究部および火力システム研究部を前身に、研究所を発足。

所在地

日立地区 (火力実験棟)

住所 〒317-8585
茨城県日立市幸町3-1-1
TEL 0294-55-0111
アクセス
電車
JR常磐線 日立駅下車 徒歩約20分

勝田地区 (COTEC研究棟・ガスタービン基礎研究棟)

住所 〒312-0034
茨城県ひたちなか市堀口832-2
TEL 029-275-8580
アクセス
電車
JR常磐線 勝田駅下車 徒歩約15分