ページ内を移動するためのリンクです

ご挨拶

未来につながる発電技術で新たな領域へ

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、2014年2月に三菱重工業株式会社と株式会社日立製作所が両社の火力発電システム事業を統合し誕生した会社です。

取締役社長 安藤 健司

会社設立以来、両社のシナジーを追求し、高品質・高い信頼性の製品を生み出す技術力、世界のさまざまな地域でプロジェクトをまとめ上げる総合エンジニアリング力、きめ細かな営業・サービス力を強化するとともに、グローバルな事業展開を進めてきました。

お客様や社会のニーズは常に変化しています。当社は、世界最高効率の発電機器の開発に加え、最新のデジタル技術を活用した火力発電所の運用改善ソリューションなどを通じて、発電技術の革新に挑戦し新たな価値を提供します。

私たちは、火力発電システム分野・環境技術分野におけるグローバルリーディングカンパニーとして、常にお客様の期待に応え、持続可能な社会の未来に貢献するために、これからも進化していきます。